【必見】合法的に防水工事を安くするコツ3選!

【必見】合法的に防水工事を安くするコツ3選!

防水工事、少しでも安くしたいですよね?
合法的に防水工事を安くするコツをご紹介します!

防水工事って、思ったより高いな、と感じますよね。

「大切なのは分かってるんだけどさ……。
 どうにか安くする裏技、教えてよ!!」

♪はーい!いいですよ!
この動画では、防水工事を安くするコツをお伝えしていきます!

1.余った材料がないか聞く

業者「この材料、仕入すぎちゃったんだよね……。使えると助かるんだけど」

あまりものでも、心配ご無用です。
ただ、発注をかけすぎてしまっただけですので、品質は通常の防水工事と同じです。

「質が変わらなければ、それもありか」

2.スケジュールを業者さんにあわせる

業者「これで職人のスケジュールがうまく埋まる!」

塗装工事とは異なり、防水工事は、雨の多い時期などに集中します。
逆にいえば、閑散期もあります。

工事時期を業者さんに合わせてあげると、工事費用が安くなりやすいですよ!
雨漏りしていて、急いでいるときは使えない技なんですけどね。

「これで安くなるならそれもアリか」

3.丁寧な対応をする

業者「クレームになりにくい、良いお客さんだ」

良いお客様には、業者も良い対応をしようとします。

逆に、相見積もりを取りすぎていたり、うるさく言ってきたり。

業者「クレームなりそうだな」
質の悪い客だと認識されて、その代金を工事代金に上乗せされることがあります。

また、何かあった時も

「あの横暴な人ね。対応しなくていいや」

連絡をしなくなることを前提に工事することもあります。

工事するまではお客様が有利ですが
いざ、工事が始まったら業者が有利です。

何かあった時のためにも、業者さんを一人の人間として扱ってあげましょう!

当たり前のことあと思いましたか?
でも、この当たり前のことができていない人、案外多いんですよね。

別の動画では、防水工事を途中で放棄される理由をお話してます。
よろしければ、ご視聴なさってみてくださいね!

▼ご意見・ご相談はこちら ↓
https://bousuikouji.info/(防水工事見積もり.com)
フリーコール:0120-922-869 (月~土 9時~20時)

▼Facebook
https://www.facebook.com/%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA-%E9%98%B2%E6%B0%B4%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E6%8E%A8%E9%80%B2%E5%8D%94%E4%BC%9A-1106602579383790/